スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

清春「流星」発売記念 LIVE METEOR 6/8 心斎橋BIG CAT

Twitterから転記。

・楽しかった!すごかった!美人だった!

・水無瀬さんが前に、清春を評して「いろんな声がいっぺんに出ている」
 「ライヴ会場が水の箱のよう」と言ったこと(水の箱~は引用らしいです)が、がよくわかった。
 歌い方なのかな、声が、二重に響くように聞こえる。同時に聞こえてるはずなんだけど、
 残響が、一瞬遅れて届くのね。だんだん癖になる。

・そんでライヴ、ライヴの雰囲気な。あれ生気を吸い取られるですよ。
 私はワンマンでは吉井和哉しか知らないので他意なく比較して喋りますが

・よしいライヴは、ファン全員が、吉井和哉という一点に向けて一斉に集中する感じ。
 時空が消え去って、吉井和哉というよりしろ(漢字出ない……)を通じてみんなが音楽になる祝祭。
 対して清春は、観客の自我が消え去る感覚はないねんな。みんな思い思いにライヴ楽しんでて、
 手拍子やらコールやらも、吉井みたいな「一糸の乱れなく」ってことはない。
 でも何してても清春の「中」にいる。まさに水の中でたゆたうような

・いやでも決してゆったりしたライヴではなかったですよ、超ロックでベースとドラムが
 恰好よくって清春様が清冽かつ妖艶に君臨してましたよ!
 あまりにつるつるつやつやすぎて、初見の印象「陶器人形」やったわ。なにあの美人。

・最初は「必死に舞台をガン見しなくていいと、ライヴを純粋に楽しめるわね~(∩´∀`∩) 」と
 余裕かましてましたけど、ConfusionやRUBYあたりから、音の温度は上がるわ清春美人すぎるわで、
 結局がんがん立って観ちゃった☆ノ∀` 足ww

・そんでライヴスタイルの違いの話に戻りますけど、吉井和哉は、観客が「今年の汚れ」を
 洗い流して「命の球根」を引っ張り出してくるための中から放出系ライヴなん。
 清春は逆に、観客を包んで「清春」を植え付けていく浸透系じゃないかと思う。
 勿論ファンにとっては清春成分は最高の栄養素ですし。

・で!この先が今の体感なんだけど、清春成分もらうかわりに何をなくすかって、自分なんですよ。
 あの圧倒的君臨ぶりに呑まれて もつれてた自我が全部蒸発する。自失する。会場出てしばらく戻れない。

・いやー喰われた感満載。ああやって観客の生気を取り込んで美貌を保っているのだなー(賛辞)

・今日、ロックスターという人種は年を取らないのは、実は彼らの寿命が千年くらいあって、
 人界の10年なんて誤差だからだ という説を思いついたから、水無瀬さんも私も一生安泰。
 ずっとあんなにきらきらで歌うよ!人生は美しい!

・だいたい喋ったかな。清春ライヴのすごいところは、音の温度が一段上がったと思っても、
 さらにまた二回くらい上がって会場を煽っちゃうところかなあ。まだ行くんだ!ってびっくりした。
 なのに喋ったら落ち着いた色っぽい低音(なのに天然……?)で、端正なお帽子が似合ったりしてさあ。

スポンサーサイト

2012.07.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | LIVE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。