スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

20130312

 指先が剥がれ落ちるようになった。
 日焼けしすぎた肌の表層が崩れるように、乾いた粘土細工が罅割れるように、日一日には僅かな変化であるが、指先が輪郭を変えていく。文章を書く仕事をしているので不便でならない。キーボードの隙間に残骸が入り込むのも不都合である。何より、このまま指を失ってしまえば、同時に職も失う危険がある。医者に行くことにした。
「どうしようもないですねえ」
 医者は首をかしげてそんなことを言う。痛いんですか。痛くはないです。何か薬品に触れましたか…いいえ、ちっとも。原因が分からないんですよね。似た症例も全然ない。乾燥した肌の剥がれに似ているきはしますが、保湿クリーム出しておきましょうか。
 もはや治らないものと腹を括って上司に相談した。上司は私の手をまじまじと見つめて、うわあけっこう削れたな、と感嘆した。怖いなちょっと。痛いか? 痛くはないです。不便だな。ええ。うーんこれはまずいな、おまえ、仕事できないんじゃないか。職場変えてやろうか。
「いやです」
 思いがけず鋭い声が出た。悲鳴のような甲高い音に驚いて口元を押さえる。失礼しました、と謝ると、上司はほほえんで、当然だよ、と言った。ふつうは怖いし不安だし苛立つ。おまえはちょっと、我慢が利きすぎる。口述入力できるパソコンを買えばいいんだ。予算は取ってきてやる。そしてお前は、俺と住め。
「いやです」
 今度は平静に回答できた。上司が頭に来たようで、この石頭、と言って後頭部をはたく、拍子にぱらぱら散っ舞った破片に二人して硬直する。アタマ、崩れましたよね。
 ……いや、今のは俺の手じゃないか。上司が静かに静かに言うが、彼の指にはつるりと磨かれた綺麗な爪が光っている。どうしようかな、私、ケースに入って暮らすしかないみたい。課長と仕事できる時間も、もうあんまりないみたい。
 だから俺の家に来て住めよ、と上司は言う。いやです、と私は言う。くそ、抵抗できない身体になったら拉致監禁してやる。その前に身投げしてやる。口答えしながら、喉を震わせる自分の呼吸がそれを崩す日に思いを馳せる。

スポンサーサイト

2013.03.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 創作

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。